歯周内科治療とは

歯周病は細菌などの微生物により、歯ぐきや歯を支える組織の炎症を引き起こします。通常の歯周病治療では、専門的な検査や治療を行ったり、定期的なメインテナンスによって歯周病に対するケアを行いますが、歯周内科治療は、薬を使うことで歯周病の原因となる菌を取り除いて直す治療法です。

歯周内科の特徴

通常の保険治療で行われるスケーラーなどを使用した歯石取りでは、歯の入り組んだ部分や歯周ポケットの奥深くまではきれいに取り除ききれない場合があります。歯周内科では、そういった歯の根元のへこみや、歯ぐき裏の奥底に潜伏している歯周病の原因菌に対し、その菌に効く抗菌剤を投与して根本的に取り除きます。

なぜ薬で治療できるのか

それぞれの患者様により、歯周病の原因となっている菌は異なります。

当院にある位相差顕微鏡やPCRキット(左記写真参照)と呼ばれる検査キットで、患者様の歯ぐき付近に付着した、ばい菌の固まりを採取し、歯周病の原因となっている菌の種類を調べて、その菌に効果のある抗菌剤を投与することで確実に原因菌を取り除きます。

治療の流れ

STEP1.ご説明

歯周内科治療の内容と費用(50,000円税別、全て含む)について説明いたします。

STEP1.ご説明

STEP2.検査

位相差顕微鏡とPCRキットを使用して、患者様の歯周病原因菌を調査します。
細菌のDNA成分を検査機械にかけて調べ、原因菌を判定します。

STEP2.検査

STEP3.投薬・歯石除去

原因菌に合わせた抗生剤の投与と並行して、歯の表面にこびり付いた歯石や、ばい菌の固まりを除去します。

STEP3.投薬・歯石除去

STEP4.再検査

治療完了後、再びPCR検査を行って菌が無くなっていることを確認して治療完了です。

STEP4.再検査

虫歯、歯周病にならないためには予防が重要です町田市の「まつお歯科医院」のご予約はこちらからどうぞ

  • ページの先頭へ戻る