口臭が気になる方、歯周病かもしれません

歯周病とは、歯垢に棲みつく歯周病菌が歯ぐきや歯を支える顎の骨などの歯周組織を破壊する感染症です。予防ケアや治療をしないで悪化させてしまうと、やがては歯が抜けてしまうこともあります。初期段階の歯周病は自覚症状がほとんどないので、気づいたときにはかなり症状が進行していることも少なくありません。

「歯ぐきから血が出る、腫れている」などの症状がありましたら、それは歯周病のサインかもしれません。歯周病は、早期発見・早期治療が大切です。次に挙げるような症状がありましたら、お早めに町田市の歯医者「まつお歯科医院」にご相談ください。

歯周病の症状について

  • 朝起きたときなど口の中がネバネバする
  • 歯ぐきから血が出ることがある
  • 口臭が気になる
  • 歯ぐきがムズムズとかゆい
  • 歯が伸びたように見える
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 歯がグラグラする
  • 食べ物が咬みにくい

歯周病の原因について

歯周病の直接の原因は歯周病菌ですが、歯周病を誘発する原因には次のようなものが挙げられます。

物理的・化学的刺激

歯や歯ぐきへの負担

栄養の偏り

物理的・化学的刺激 歯や歯ぐきへの負担 栄養の偏り
食べカス、喫煙、飲酒、デンタルフロスや楊枝の間違った使用など 悪い咬み合わせ、歯ぎしりや咬みしめ、硬い物の食べ過ぎ、合っていない人工物など ビタミンCの欠乏など

ホルモン分泌量の増加

全身疾患

内服薬

ホルモン分泌量の増加 全身疾患 内服薬
妊娠によるホルモン分泌量の増加など 糖尿病、尿毒症、肝硬変、貧血、白血病など 経口避妊薬、抗てんかん薬、ステロイド、抗がん剤など

歯周病治療の流れ

1.初診時の問診
まずお口のお悩みとこれまでの経過などをうかがいます。気になることはなんでもお気軽にお話しください。お口の状態と合わせて、今後の治療計画の立案に役立てます。

2.歯周病検査
レントゲン撮影により骨の状態を確認したり、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)の深さを測定したりと、現在の歯周病の進行状況を精査します。

3.初期治療の開始

検査で歯周病と診断されましたら、初期治療の開始です。お口の状態によりその治療方法はさまざまです。

  • ブラッシング指導(日常的なケア方法の指導)
  • スケーリング・ルートプルーニング(歯垢・歯石の除去)
  • 咬み合わせの調整(必要に応じます)
  • 抜歯(悪化した歯周病の場合)

4.歯周病の再検査
一通りの初期治療が終了した時点で、再度検査します。再評価により、初期治療を続けるか、歯周外科処置に移行するかを決めます。この時点で改善されていればメインテナンス(定期検診)に移行です。

5.歯周外科処置

進行してしまった歯周病の場合、外科処置を行います。症状により、歯肉を切開して歯周ポケットの奥深くに付着する歯垢や歯石を取り除く治療(フラップ手術)や、溶かされてしまった顎の骨を再生するための処置(歯周組織再生療法)などをします。

  • フラップ手術
  • 歯周組織再生療法

6.最終的な検査
再検査を行い、改善が見られたらメインテナンス(定期検査)に移行します。

7.メインテナンス(定期検査)
歯周病の予防のためには毎日のケアがかかせません。それとともに定期的な歯科医院でのケアも大切です。いつまでも、お口の健康を保つために、定期検診を受けましょう。

歯周病にならないように 定期的に歯科医院に通いましょう 予防歯科についてはこちらをご覧ください

  • ページの先頭へ戻る